ユフィがアミメアリ

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在るインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことが原因となり、結果的に膵臓からは大半のインスリンが分泌されなくなってしまい発病する種類の糖尿病です。
筋緊張性頭痛というのは肩こりや首の凝り、張りに誘引される最も一般的な頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような鈍い痛さ」と言い表されます。
不整脈期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が現れることがあるので重大な心臓疾患ではないのですが、発作が何度も次々と発生するケースは危ないといえます。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査の結果によると、成人に比べて体の小さな子どものほうが飛来した放射能の害を受けやすくなっていることが明らかになります。
いんきんたむしというのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着してしまう病気の事であり俗に言う水虫です。
不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外の人にも高性能のマイクロホンをあてたりすると響いているというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
スギ花粉症などの症状(水っ洟、鼻づまり、クシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが素因になって睡眠不足になり、翌朝起床してからの活動に思わしくないダメージを及ぼすことがあります。
体脂肪量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが飲食や排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
脳卒中クモ膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできた瘤(コブ)が破れてしまう事が理由となって起こってしまう深刻な病気として認識されています。
子供の耳管の特徴は、大人のそれに比べると幅があって長さがなく、尚且つ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。幼い子供がよく急性中耳炎になるのは、これが関係しています。
最大の臓器である肝臓に中性脂質やコレステロールが付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や肝硬変に始まる多様な病気を誘発するかもしれないのです。
ポリフェノール最大の長所は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロールなどとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果を持っています。
自分で外から観察しただけでは折れているのかどうか分からない場合は、負傷してしまった部位にある骨を優しく指で圧してみてください。そのポイントに強い痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
基礎代謝量というのは睡眠中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持など)のに要る基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
通常の場合は骨折は起こさない位のごく僅かな圧力でも、骨の一つの部分だけに何度も繰り返し連続してかかることにより、骨が折れてしまうこともあるようです。