ホールのヒカキヨ

「いつも時間がない」「上辺だけの様々な付き合いが嫌で仕方がない」「技術やインフォメーションの進歩に付いていくのが大変」など、ストレスを感じてしまう誘因は人によって異なります。
気が付くといつも横向きのままでテレビ画面を見ていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履いたりということは体の上下左右の均衡が乱れる誘因になります。
最も大きな内臓である肝臓に脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化脳梗塞といった多種多様な病の元凶となる可能性があることをご存知でしょうか。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科処置としては大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」という2種の治療法が標準的に扱われています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に売られ、新薬とまったく同じ成分で負荷が少なくて済む(価格の高くない)後発医薬品のことをいいます。
バイキンやウィルスなど病気を招く病原体(微生物)が呼吸とともに肺に進入して伝染し、肺自体が炎症反応を見せている様子を「肺炎」と称しているのです。
パソコン画面の光のチラつきを低減させるレンズの付いたメガネが最も人気を集めている要因は、疲れ目の予防に大勢の人が四苦八苦しているからだと推測することができます。
もし婦人科の血液検査で危惧していた通りエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回っていて早発閉経(POF)だと判明したら、足りていない分の女性ホルモンを補填してあげる治療で改善が望めます。
悪性の腫瘍である卵巣ガンは、通常であれば人を癌にさせない働きをする物質を生成するための金型のような遺伝子の異常が引き金となり罹患してしまう病気だというのは周知の事実です。
汗疱(汗疱状湿疹)は主に掌や足裏、又は指と指の間などに細かい水疱が現れる病気で、普通はあせもと言われており、足の裏に出現すると足水虫と間違うことも多くあります。
不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても症状が見られることがあるので緊急の心臓の病気とは限らないのですが、発作が数回再三みられるケースは危ないのです。
フィトケミカル(phytochemical)の部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓の持つ解毒酵素の順調な製造活動を促進しているかもしれないという新たな可能性が明らかになりました。
塩分と脂肪の大量摂取をやめた上で簡単な運動を心がけ、ストレスを蓄積しすぎないような日常生活を続けることが狭心症の素因である動脈硬化を未然に防止する知恵です。
体脂肪量にさして変化がみられず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減するような場合、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が上がることがわかっています。
スギ花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜しっかり眠れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足になり、翌日起きてからのすべての活動に芳しくない影響を与えるかもしれません。